So-net無料ブログ作成
検索選択

京都紅葉狩り旅行 3日目 ~洛北・一乗寺あたり~ [旅行記]

昼食後はバスで洛北に移動。
洛北は1日目に行った大徳寺などがある北山、
金閣寺や竜安寺がある衣笠、そして高雄、大原、鞍馬なども
洛北にはいるらしいのですが、
この日行ったのは、修学院、詩仙堂、曼殊院などがある一乗寺

とくに詩仙堂と曼殊院は紅葉がきれいだということで
散策時間はこの2つの場所に絞って観光することにしました。

まずは曼殊院から。
一乗寺あたりの中では少々離れた場所にあるのですが、
山のような、小高い丘のようなところにあり、その山肌の紅葉もみごとですが、
曼殊院の中に入る前の紅葉並木が見事です。
境内は桂離宮を模して作られた枯山水の庭園がGood!


曼殊院境内にある庭園

そして詩仙堂
入り口が狭く、うっかり素通りしそうになったのですが、
入ってみると意外と広い庭がありました。
庭園は回遊式で庭いっぱいの紅葉が広がっています。
また
、時折添水(ししおどし)の“コーン”という音が響き渡り、
“ザ・京都”という雰囲気をかもし出しています。


詩仙堂の庭園。書院といわれる書間から庭を眺める


真っ赤な紅葉がびゅーてぃほー!

こんなそんなで、相変わらずの珍道中ではありましたが、
無事、京都紅葉狩り旅行は終了したのでありました。
さてはて次はどこに旅行しようかなと、帰ってきた早々思ったりしたのでした!

…………………………………………………………………………………

みみは寒くなると、覿面に丸くなる……。

耳たおしてるし。

(あ)


京都紅葉狩り旅行 3日目 ~東福寺~ [旅行記]

さて最終日、前日の定期観光バスのトラブルもなんのその、
この日もおなじ会社のバスを利用しての観光となりました。

午前中に行ったところは紅葉が有名な東福寺
月曜日にもかかわらず、ものすごい人、人、人~★
京都駅に近い幹線道路沿いにあるので、横断歩道を渡るのも結構デンジャラス

月下門から臥雲橋を渡るのもひと苦労。でも入ってしまえば意外に広い!
拝観件もすでに持っていたので、簡単にスルー★
紅葉の観るのに最高な場所、通天橋からの眺めは最高!!

 
通天橋からの眺め


通天橋を渡って回廊といわれる庭園はびっしりと赤くそまった紅葉が!

 
回廊庭園から撮影。遠くに見えるのが通天橋。

庭園を一回りした後は別料金を払って方丈庭園へ。
ここは、市松模様に敷かれた石が美しい庭園でも有名。
他にも枯山水様式の庭園もあります。

 
市松模様に石を配置した方丈北庭園

そして、この日の昼食は京弁当(実は前日も京弁当付きでした!)
あっさりとしたお料理でしたが、品数が多くおなかいっぱいになりました


この日の昼食 京弁当
 

………………………………………………………………………………

僕の瞳も大きいんだ!
どうだ! 柳たんぽぽさんちのふじこ姐さん!



(あ)


京都紅葉狩り旅行 2日目 ~鞍馬・大原~ [旅行記]

京都2日目、トラブルがありました。
以前、計画を立てた時に記事でも書いたと思いますが、
予約していた定期観光バスが知らない間にキャンセルされていたのです

メール&電話でのやりとりで予約し、もちろん予約番号の入った
メールをプリントして持っていたんです。
すると、なにやら不穏な雰囲気……。すると窓口の人が、
「申し訳ありません。申込がなぜかキャンセル扱いになっていまして…。
 補助席ならご用意できますが……。」
一瞬、この人、自分が何を言っているのかわかっているのかしら?と
思ったくらい。誤ったからって許されるものではありません。
私:「あの~、2ヶ月も前に予約していたんですよ!
   誤れば済むとおもっているんですか!!!!!!!」

窓:「申し訳ありません。しかし、普通席はもう満席で……」
私:「何を言っているの? バスをもう1台出すとかできないの?」
窓:「それは……」
もう、我慢できません。時間は刻々と過ぎていくし、
他の乗客を待たせてしまうし、挙句の果てに他のコースは?と言い出すし。
ここで、思い切った交渉をすることにしました。
私:「その補助席をダタにするか、観光タクシーをそちらもちで出すか、
   このコースの予約がとれたから京都まで来たんだから、
   京都まで来た新幹線代金とホテル代を弁償するかどれかにしてっ!」

もう、ここまでくると恐喝です。。。。。。
でも、これぐらい言わないと腹の虫がおさまりません。
窓:「……、あの~、昼食代と拝観料は実費なので、
   それだけお支払いいただければ、あとはタダにしますが……」

タダにしろ~!とゴネようかと思ったのですが、
母が泣きそうな顔をして、「もういいよ……」というし、
私も怒りつかれていたので、この辺で手を打ちました。

キャンセルされた理由は、これまたおそまつなのですが、
メールで予約を入れたとき、その会社のシステムの手違いなのか、
予約番号の違う2つのメールが届いたのです。
翌日、予約がダブっているのではないかと電話で問い合わせたところ、
一方はキャンセルしますといって、両方キャンセルしてしまったらしい。
まったく、ずさんよね。それなりに名前のとおった会社ですよ~。

ってことで、この日に行ったのは鞍馬寺と大原です。
両方とも紅葉真っ盛りでとてもキレイでした。
だから、まあこれもよしとしましたよ、はい。

 鞍馬寺

 大原・寂光院

 夜の木屋町通り

 ………………………………………………………………………………

やっぱり、今日もまったりのみみ

(あ)


京都紅葉狩り旅行 1日目 ~夜間散策~ [旅行記]

京都1泊目の夜はやっぱり、京都らしい料理をということで、
ゆばなどをいただける京料理屋「和食工房 祇園やまと」さんへ。
くみ上げゆばなどが有名のお店ですが、
私たちはあえて創作料理を注文しました。
ゆばの包み揚げなるもは、とっても美味。
ゆば、おぼろ豆腐を使用した水菜サラダ豆乳なべなど、
体に優しいものをおなかいっぱい食べました。
(なんか、ちっとも体に優しくないかも……)

 http://www.yamato-inn.jp/


夕食をたっぷり食べた私たちは、腹ごなしに夜の京都を散策することに。
せっかくこのシーズンにきたのだから、
豊臣秀吉の正室・ねねのために徳川家康が建てたという高台寺の
ライトアップ
を見に出かけたのでした。

が、! 拝観券を購入するのに30分やっと入れたと思ったら、
ところてんのように押し出されて、実際に見たのが10~15分
まあ、はっきり行って紅葉はイマイチだったけど、
庭園はみごとだったし、京都の夜景もきれいいだったし、よしとすることに。

 

帰りは5条坂を通って、ホテルに帰ったのですが、
清水寺のライトアップ拝観の人ごみにまぎれて、えらい目にあった2人でした。
あ~あ

………………………………………………………………………………………

きょうもみみはまったり中

(あ)


京都紅葉狩り旅行 1日目 ~大徳寺~ [旅行記]

母の“逆切れ”から計画したこの旅行、いよいよ出発です。

昼前に東京を出発した私たちは、2時前には京都に到着。
まずビックリしたのが、京都駅の混雑
改札を出る前に荷物をコインロッカーに預けて
そのまま在来線に乗り換え、嵯峨野に行こうとするも、
ロッカーの空きがなく、あえなく断念。まずは荷物を預けにホテルへ直行。

ホテルも運良く早めにチェックインできたので、
荷物を部屋において向かったのは、洛北・大徳寺
大徳寺は、紫野というところにある、竜宝山/臨済宗大徳寺派大本山で、
大小21の塔頭からなる寺院です。
その中でも紅葉が見事なのが、高桐院
かなりの人が集まっていましたが、それなりに写真をとったり、
ゆっくり眺めたりすることができました。

 

庭はさほど大きくはありませんが、竹林をバックに赤く染まるもみじは、
それはみごとでした。

また他の塔頭の中でも、大仙院では、
尾関宗園和尚の説法を聞くのも楽しみ方のひとつです。
とてもおもしろいお話が聞けるそうなので、興味のある方はぜひチェックを!
 
http://www.b-model.net/daisen-in/

……………………………………………………………………………………

久々に登場、みみは今日も元気です!


(あ)


北海道旅行 番外編 [旅行記]

北海道旅行の醍醐味は、雄大な景色もそうだけど、
やっぱり食べ物だよね!

そこで私がこの旅行で食べたものを一挙ご紹介!


函館といえばイカ
イカソーメンはとにかく激ウマ! イカが透き通ってるぅ~★


銀婚の湯での夕食。何を食べてもおいち~★


トラピスチヌ修道院の団体用駐車場にある売店のソフトクリーム
濃厚なのにくどくないお味がGOOD!


叔母の家で食べたキンキ
大きさにもびっくりだけど、味はうますぎてもっとびっくり!
脂がのってふっくらやわらか。


は~い、お待ちかね旭川ラーメン
数ある有名店の中からチョイスした店は「まるとみ
あっさりしてダシの効いた醤油ラーメンです。


千歳市にあるお菓子屋さん 北のお菓子工房 もりもと
ゆきむしスフレ」。
ふわっとしたスフレがほんのり酸味のきいたクリームをサンド。
賞味期限が短いのが残念! でも、お取り寄せできますよ! 
 ★もりもとホームぺージ http://www.haskapp.co.jp/ 

今回で、北海道旅行は終了です。

…………………………………………………………………………

本日のみみ


寝てるし。


北海道旅行☆6日目 ~旭山動物園 その2~ [旅行記]

旭山動物園の魅力といえば、動物それぞれの“自然の動き”を見られること。
そういうコンセプトにぴったりあてはまるのがあざらし館
ここにいるのはゴマフアザラシ
そう、人気コミック「少年アシベ」にでてくるゴマちゃんのモデルです。
あざらし館の中には、あの円柱水槽があり(TVでも報道されていますよね)、
その中をあざらしが行き来するのを目の前で観ることができます。
私たちが行った日は、なかなかこの水槽をくぐってくれず、イライラ……。
でも、1頭は入りだすと、次々と後続が…。
あざらしが通り抜けるたびに、拍手が巻き起こりました!


あら! フレームからはずれちゃった…

次に向かったのが、ペンギン
みどころは水中トンネル。頭の上をペンギンが飛んでいくようです

ちょうど行った時はぺんぎんの“もぐもぐタイム”で、
飼育員に群がるぺんぎんがとてもかわいい!
でも、私のお気に入りは、同じ方向をみてじっと並んでいるペンギンたちかな。
積雪の時期にはペンギンたちの大行進(散歩)が観られるそう!
さむ~い時期でも楽しめるようですよ(私は行きたくないけど←超寒がり)。

 
びゅんびゅん飛ぶはずが……?                      食べ物ちょーだい!


そして、超大混雑ほっきょくぐま館
ここのみどころは、ダイナミックに飛び込む姿がみられる巨大プールと
ほっきょくぐまに襲われるアザラシの目線を体験するカプセル
カプセルは行列をなしていて、断念。
でも外からみると、カプセルから覗いている人間が“みせもの”状態に(笑)。
ちょうど“もぐもぐタイム”と重なり、えさをめがけて
岩からダイブするほっきょくぐまを見ることができました。
あまりの迫力に、見学していた子供が一斉に泣き出したのには笑った!
水に濡れたほっきょくぐまの毛が、きらきらしてきれいで、びっくりしますよ。

最後もうじゅう館
ライオンやトラなどの定番猛獣から、ヒグマなど御当地猛獣まで。
クロヒョウって実は普通のヒョウと同じ模様がある!?とか、
アムールトラは結構ひとなつこいんだ!とか新しい発見も多い。
特にユキヒョウの檻の下は空間ができているので、
真下から彼らが寝ているところを見ることができるのです
ちょっと恐いけどね

アムールひょうの肉球。普通見られないよね!


行くたびにちがう姿を見られるんだろうなと思わせる
旭山動物園は“また行きたくなる”動物園です!


旭山動物園ホームページはこちらから!
 
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/asahiyamazoo/index.html

……………………………………………………………………………………………………

本日のみみ


お手手どこ~?シリーズ第2弾★(いつからシリーズ化したんじゃ?)
な、なぜ片耳……?

(あ)


北海道旅行☆6日目 ~旭山動物園 その1~ [旅行記]

いよいよ、東京に帰る日。
飛行機は夕方便なので、朝から旭山動物園にGO!
叔母いわく、「混むから、朝一番に行くのがいいのよ」とのお言葉に、
9:30開園に間に合うように、前日同様、私の運転で出発!

正門は観光バスなどもういっぱい!
よって、東門の無料駐車場に入れ(有料駐車場もある!)、さっそく入園。

この門の一番近くにいるのは、カバ、ゾウ、サイ。
ぞうさんは、人間でいうと20代のぴちぴちギャルなんだって!

  

サイさん、迫力あるけど、とってもおとなしいのです。

次に見たのは、今年OPENした「くもざる・かぴばら館」
ここは、私が訪れた1週間ほど前に、くもざるがかぴばらに噛まれ
死んでしまうという残念な事故が起きて、
もしかしたら見られないかも!?と心配だったところ。
とりあえず、CLOSEしてなくてホっ!
ここのおもしろいところは、じーっとして微動だしないかぴばら

のほうでちょろちょろしているクモザルの対照的な行動。
で、かぴばらって何?って思った人~! 多いと思います。
かぴばらは、げっ歯類の中でも最大の種で(え?ウサギの仲間????)
基本的には草食。でも、不快なことを感じたり、自分に危険が及ぶと
鋭い歯や爪で相手を威嚇するらしいのです。
なので、先日の事故は、くもざるがかぴばらにちょっかい出したのが原因。
なにもしなければおとなしい動物です。
そーいえば、うさぎさんも同じかも……。

  カピバラ

 クモザル

そして次に訪れたのが、総合サル舎。
ここには、キツネサや、チンパンジーなどがいます。
キツネザルのあかちゃん、かわいかった~★

 なんだかわからん

隣はオラウータン館。3頭いて、おそらく父、母、子だとは思うのですが、
いつも一緒にいるのは、母と子。父は育児にすら参加せず、単独行動。
この動物園では、同居を試みているようです。
私たちが行った時は、残念ながら“ブランキエーション(うんてい)”はしてくれず、
球状の鉄棒で遊ぶ姿のみ拝見。子供がやんちゃで、親(たぶん母親)の後を
くっついてまわっていました。

 


また、おりの中では、外にある木の皮をはがす行動を。
中にある棒みたいなのを使用して、はがそうとするのだけど、これがなかなか困難。
やっとの思いでぺりっとはがすして中に引きずり込み終了。
まわりで見ていた人がみんな拍手していました!

旭山動物園はまだまだ見どころ満載。続きは次回に!

★旭山動物園ホームページはこちらから!
 
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/asahiyamazoo/index.html


……………………………………………………………………………………………………

本日のみみ

みみさん、そこも乗っかるところではありませんっっ

(あ)


北海道旅行☆5日目 ~旭川市内~ [旅行記]

旭川市内は川の街。
大雪山から流れる石狩川牛朱別川忠別川美瑛川が合流。
川が多いので、もちろんその川にかかる橋もみどころのひとつ。

私が泊まっていた叔母の家の近くにある新橋
向こうに見えるのが旭川のシンボル、旭橋

 
新橋より石狩川を望む                新橋と旭橋までの河川敷。


夜の旭橋。夏は橋桁の下からライトアップされるが、
この日は残念ながら街灯のみ。それでも明るい!

…………………………………………………………………………

本日のみみ

 

みみさん、そこは乗るところではありません
……って、仕方ないか。入れないないもんね、そのデカさじゃ

(あ)


北海道旅行☆5日目 ~富良野~ [旅行記]

北海道滞在5日目。この日は、私の運転で(おそろし~★)富良野へ。
富良野といえば、ラベンダーでしょう…ということで、
ラベンダーで有名な富田ファームへ。
ラベンダーはとっくに終わってしまったけど、お花畑はまだまだキレイ
見よ、この絨毯のような風景を! 


次に向かったのが、今冬のドラマ『優しい時間』のロケ地、新富良野プリンスホテル
敷地内には、自然の素材をモチーフしたオリジナルのものを販売しているお店が点在。
森の小道を歩きながら見てまわりました。

 


このお店が点在しているニングルテラスを抜け、坂道を下っていくと、
ドラマに出てきた喫茶店「森の時計があります。
ドラマと同じように自分でミルで豆を挽いてコーヒーを入れてもらうのですが、
残念ながら、あまりの混み様でココに入るのは断念。
お店の前で記念撮影をして帰った次第です。。。。。
ドラマが終わって3ヶ月ほどたつのですが、人気は衰えておらず、
まあ、お茶でも……とココでコーヒーをゆっくり飲めるのは、
まだまだ先のようですね。

………………………………………………………………………………

本日のみみ

 

みみさーん! 手がないですよーーっ!!!!!

(あ)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。